イタリアの片田舎の街で夕方になると地元の人があそこへ行けば誰かに会えると、ふらっと立ち寄る酒場があります。Trattoria(イタリア風居酒屋)です。Bar(バール)です。

バッカスは地域の皆さまにふらっと寄っていただけるコミュニケーションの場所、くつろぎの場所そして友人作りの場所です。そんな気の置けない場所で創作イタリアンとワイン(もちろん日本酒、焼酎、ウイスキーもあります)で盛り上がっていただければと思います。

このブログはお店を中心にしたコミュニティーの瓦版です。メニュー紹介、コミュニティーやお店での話題のほかファンタジーや創作も織り込んでいきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
シェフの親爺の伊太利庵です。7月に発行された、地域の同人誌、「たまねぎ」16号に、「二つの墓標」と題する短編を投稿しました。
みなさんは、太平洋戦争末期の昭和20年4月に奈良に墜ちたアメリカの爆撃機B-29のことをご存知ですか。蒲田や川崎を絨毯爆撃した2百機あまりのB-29の撃墜されたうちの一機が奈良に墜落したのです。乗員11人が死亡し、一人が捕虜になりました。
「二つの墓標」は、このことをテーマにした拙作です。
たまねぎ」文庫は、バッカスのカウンターにあります。お店にお越しいただいた際に、パラパラとページをめくってみてください。


二つの墓標
スポンサーサイト
2017.08.19
2014-08-24-terrace-img.jpg


お盆も過ぎ、もう少しで9月です。9月は、豊穣とお祭りの季節。まだ少し残暑が続くでしょうが、そのうち秋らしい日差しに満たされ、空気が澄んでくると、Bacchusのテラスで秋の空気に包まれてテラスで食事されるゲストの姿が見られるようになります。秋、オープンテラス席での開放感を満喫ください。

緑園都市あおば山の手台のテラス席でワインとイタリアンと会話を楽しみながらこれからもうすぐやってくる秋の香りをいかがですか。
もちろんランチタイムにはパラソルの下で楽しい会話とピザ、パスタをお楽しみください。

BACCHUS スライドショー
スマートフォンの方はこちらから
2017.08.17
Bacchusの店内はインテリアをと黒を基調にまとめています。ちょっと戸惑うゲストもおられますが、この配色は結構落ち着けるのです。その店内左手の柱に名刺や写真それにイラストがピン止めしてあります。お見えになったゲストが貼っていかれたものです。まだまだスペースに余裕があります。ぜひご来店記念に名刺などを貼ってください。

定年を迎えていよいよ地元中心の生活が始まる方はお気に入りだったネクタイの端を切って柱に止めてみてはいかがでしょうか。
 

Bacchus 設備 (8)
柱の記憶(クリックすると拡大します)

2017.07.31
奈良、すみよし台近辺には二つの詩吟の教場があります。一つは住吉教場、もう一つは奈良教場です。住吉教場は毎週月曜日の19時から、住吉神社の社務所で練習をしています。教場長の松山さんは全国大会で優勝するような大家です。奈良地区センターの詩吟教室でも指導しています。以前に、呑兵衛な詩吟の会の皆さんでバッカスで懇親会をしたとき、他のお客さんが帰られた後なので吟じてもいいですとシェフの了解を得て松山さんにお願いしました。その美しいこと・・・・ みな聴き惚れました。

川中島
サムネイルをクリックすると拡大されます。
2017.07.18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。